中学生の勉強方法

勉強ができた子ほど危険

小学校の頃はクラスで成績も良くて、勉強ができたのに、中学生になったら成績が落てしまった。というのはよくあるパターンです。むしろ、勉強が出来た子ほど陥りやすいワナとも言えます。

 

こうした場合、「こんなはずじゃない」と焦っても良くありませんし、「先生の教え方が悪い」と周囲のせいにするのも良くありません。

 

まず必要なのは、いまの勉強法を見直してみることです。

 

間違った勉強方法でも良い点が取れてしまうのが小学校

小学校の頃は、どんな勉強方法でも頭が良い子はいい成績を取れます。

 

中学受験向けの勉強は別ですが、そうでない学校での授業であれば、問題もそれほど難しくなく、覚えることも多くありません。

 

このため、頭のいい子なら授業だけで、良い成績が自然と取れてしまうものです。
つまり、仮に勉強方法が間違っていたとしても、頭のよさでカバーできるのが小学校の成績です。

 

これが中学生になると通用しません。

 

算数が数学に変わり、英語も本格的に始まる。覚えることも増えて、応用問題も多くなる。
間違った勉強方法では成績が伸びません。頭の良さだけではカバーしきれなくなるからです。

 

これが小学校では成績が良かったのに、中学で成績が落ちた理由です。
別に頭が悪くなったわけではありません。

 

小学校のときに成績が良かっただけに、勉強方法を変えることに抵抗があるかもしれません。また、プライドもあるかもしれません。

 

ただし、今のままでは状況は悪くなるだけです。中学生にあった勉強方法に変えることが必要です。勉強方法さえ見つかれば、もともと頭はいいので成績は一気に伸びます。

 

中学生向け勉強法の参考資料

通信教育Z会の資料ですが参考になります ⇒ 『中学からの正しい学習法』

PR